低コストで開始できる塾の起業が人気|子供と共に歩む未来

システムの周辺機器

レジ

接続される周辺機器

多くのPOS周辺機器が連動できるようになってきたのが、飲食店舗向けのPOSシステムです。これは飲食店舗での業務効率を向上することを目的として、それぞれ単体で連動しない仕組みから連動を行うことで、今まで数回の操作を必要としていた操作を1回の操作にする等の対応ができるようになりました。周辺機器の進化とともにインターフェースも充実し、さらにOPOSと呼ばれるPOSとの連携を行うための標準的なインターフェースプラットフォームの進化によるところにも起因しています。代表的な周辺機器として、カスタマディスプレイ、レシートプリンタ、キャッシュドロア、バーコードハンドスキャナという飲食店舗レジシステムには必要不可欠な機器をはじめとして、最近ではクレジットカード端末、自動釣銭、電子マネー用リーダ等が飲食店舗POSに接続し、連動が行われるようになってきました。

連動における運用効率化

POSと周辺機器連動を行えるようになることは、飲食店舗の業務改善につながるとともに、買い物利用者側にとっても、とても安全で安心に効率的になってきています。たとえば、自動釣銭機と連携ができるようになることで、スーパーマーケットで自身で会計処理を行うようなセルフレジが実現したり、ガソリンスタンドでの自動支払いも可能になってきています。クレジットカード端末と連携できるようになったことも、飲食店舗においてセルフシステムを飛躍的に進化させました。電子マネーでは、金額をいちいち従業員がPOSとは違う端末に入力をする必要がなくなり、入力ミスによる決済金額の間違いや、電子マネーであるのに、会計時間がかかるということを解消できます。